昔あそび
昔あそびコーナー
絵かき歌コーナー
遊びの掲示板
お友達の輪リンク
こども遊びの本
あなたの知ってる昔遊びや体験をお寄せください。


ぜひこちらも見てね!

当サイトの内容の
無断での転用を禁じます。
お問い合わせはこちら

 

アドバルーン風船

 高温の空気はまわりの温度より軽いって知っていましたか。このアドバルーン風船はそんな空気の性質を生かして考えられた風船です。本当かどうかは自分の目で確かめて見てね。

用意するもの

大型の黒いポリ袋3枚、ドライヤー、たこ糸、はさみ、ビニールテープ、石鹸、筆、輪ゴム

1.大形のポリ袋3枚の内、2枚の底をはさみで切り取る。

2.友達に手伝ってもらってポリ袋を伸ばしながら隙間ができないようにていねいにビニールテープでつなげていく。

3.袋の口になる部分も空気を入れるためのドライヤーの口ぐらいの大きさを残して残りをていねいにビニールテープでつなげよう。

4.袋の入り口にドライヤーを差し込んで空気を送ってパンパンにふくらませたらドライヤーを抜いて輪ゴムでしばり空気がもれていないか確かめる。袋がいつまでもパンパンにふくらんでいたら合格。

テストが終わったら今度は本番。ドライヤーで暖かい空気を入れてあげよう。するとポリ袋がどんどん上がっていくはずだよ。しばらくするとポリ袋の中の空気が冷えて地面近くへおりてくるよ。暖かい日はドライヤーで熱を送らなくてもしばらく地面においておけば太陽の熱で温められたポリ袋が自然に浮かび上がるよ。