PB G3Silver Gallery

かなり重いけれど、早い、かっこいい、何でもできるのが人気のPB G3
やっぱりマックファンとして買っちゃいました。
ところが180C、550、5300、PB G3と新しくなるたびに
ボディーは黒くなってくるばかり。
かっこいいっていえばそうだけど、あんまり黒くなってはディティールがわからない。
美しい曲線のG3 PBにアクセントがほしいっていうんで
カッティングシートでお化粧を施してやりました。

ギャラリー編

センターのホワイトアップルがより強調されて見えます。

ボディー角へ向かう柔らかな曲線がよくわかります。

キャリングケースに入れると、華やかになったPB G3がよくわかります。まるで違う機種のようです。
新しいコンセプトの次期PBでは2400のカバー式を越えた、ボディーカラーをチョイス交換できるような機構がお目見えするとか........、とっても楽しみです。

ぐぐっとくる曲線です。

きれい!

こうやってみるとPB G3って貝殻(シェル)のようなイメージですね。

一番お気に入りのアングルです。
自分ではSONYのVAIOを越えてると思っています。

★★★
左右2面のパネルを貼るのに30分くらいでした。
材料費はカッティングシート代の千円ちょっと。
これで、こんなに気分が変わればいうことなしです、ホントに。


カッティングシートですから、表面が傷ついても気になったら張り替えればいいし
気分転換にまた違う色を選んでもいいです。

I love Macintosh!to see original ID seal 

もどる/back